ウィークデイに図書館をめぐってみたら以前と違う景色が広がっていました

公民館に事態があったついでに書斎に寄りました。
小説を読んだり借りる気はなかったのですが
書斎って幾らか立ち寄りたくなる事でもあるので
久々に入って見ました。

最初は気づかなかったのです。
百人一首の興味深いレビュー小説とかないかな、なんて思いながら
書斎の裏の方にある和歌湾曲に行き
発端近くに戻ってきて、ちょっと面持ちを引きあげるという……

す、素晴らしいな、こういう景色。
椅子に座ってらっしゃるのは、一同メンズのお婆さん。
個々人、新聞紙やら書物やら読まれてある。
無論小説を選ん生じる中には女性もいらっしゃいますが
たまたま、ちょっと前に見たマガジンを思い出しました。
『後で総人口の1/4が65年代以上に陥る』と。

律儀半年ほど前に来た時はこうした景色ではなかったような……。
こういう半年でどれだけのほうが離職されたのだろう。
うちの父が小説をてんで読まないこともあり、結構不思議な景色にも思えました。
そうして、ありとあらゆる空論が(笑)。
離職して家でゆっくり過ごそうと思ったけど
思いのほか時間だった、とか
ママはこれまで通り周辺って出掛けちゃったり
住居のことが忙しかったりして
普通男子は居所がなくて、おこずかいも減らされちゃって
生じるのはお金のかからない書斎なのかな、とか。

身が利用する書斎も民間委嘱が決まっていますが
これからは置かれる小説もなるのかな? なんて思いました。キレイモ 学割

各種グラフの種類において勉強していた

グラフに対して稽古しました。円グラフは、とある内容が内容全体のなかで、どのくらいの割合を占めるのかを作るときに利用されます。各内容の割合は扇範疇の角度であらわします。レーダー絵は、一つの因子が有するそれぞれの仕様を多角的に表現するもので、全体の均整を調べたいときに利用されます。こういう他、内容全体の要素の比や、比の用意をあらわすために利用される帯グラフ、両輪の脈絡を見極めるXYグラフ、時間的用意による内容の高やパーセンテージを作る要素グラフ、グラフの各因子を挿絵で表現した挿絵グラフ、相互に関係があると思われる2多種の内容を縦軸という隣席軸の寝る点であらわした点グラフ、棒グラフや折れ線グラフなど複数のグラフを同はじめグラフにあらわした混成グラフなどがあります。グラフは表示するグラフ本体のほかに、成果軸、もの軸、称号、凡例、成果軸付箋、内容付箋などの各因子で構成されています。色んなグラフを知れて良かったです。ミュゼ 100円